ぢょにぃのルアーづくりLIFE

From a mountain of BOTSU proto

ルアーメーカー・JINGOのものづくり班長、ぢょにぃこと吉田聡のブログ
facebookは毎日投稿しています どなたでも友達申請大歓迎で~す(^-^)

よろしければぽちっと願います→にほんブログ村 釣りブログへ

2006年01月

1月28~29日南紀ロケット開発

 先週のイカボーリングで話が盛り上がり、週末にイカ釣行決定。
2キロアップを求め室戸の予定が、ホゲった情報が入ってしまったので
急遽串本方面へチェンジ。我がぢょにぃ号に部長とカカリチョ、茶っキー殿、
hide殿と私の5人を押し込み、昼前に神戸出発。
串本はぢょにぃのホームグラウンドだが、どこのポイントをチョイスするか
楽しみなので、場所はお任せ。(最近、軟弱メンバーばかりでエギングしていたので
私がよく知るのは足元の平坦なところばかり…)

 まずは小手調べに潮岬の磯のひとつに到着。私以外の4人は、ポイントへ
一目散に向かう。私はというと、途中のプチポイントに目を奪われ、右往左往。
で、本命ポイントに到着すると、この有様。

1.jpg


 勝ち組2名とその他3名の明暗が分かれた証拠写真です。
(左すみの約1名は当然負け組?)
勝ち組2名、さすがによく釣ります。
特にhide殿はここで3杯ゲットして一人気を吐いておられました。やるなぁ!

 ここから舞台を大島に移し、夜中の干潮の時合いを狙い撃ち。
ここでも先ほどの勝ち組は颯爽と磯に上がる。
我が負け組みは車の近くをチョロチョロするのみ。
挙句、私とカカリチョの2人は車内でDVD鑑賞の暴挙。(何しにきたんでしょう?)
ここでは負け組みの勘が鋭かったのか、釣果なし。

 と、ここで突然6人でキロ級メインに70杯のドびっくり情報が!
場所はここの近く。速攻移動して車中で仮眠後、その場所に暗いうちから
降りてみる。到着してすぐにぢょにぃがすぐに2杯ゲット。
(ここのコツ、ちょっと知っていたもので、スミマセン)
 
 
5.jpg


 昼すぎまで、ポツポツ全員にヒットがあり、キロ級も何杯か混じる。
この日は風も弱く、絶好の釣り日和。カカリチョもここ最近珍しく(スマン)、ご機嫌で
ギャフ入れ。

 
2.jpg


 最初に始めた場所で負け組み3人ががんばっているところへ、イカ夫婦殿も
登場。磯の上でワイワイ、ずいぶんとにぎやかなエギングになりました。
座ってイカ談義、そしておもむろにキャストしてイカゲッチュ。

 
3.jpg


 んーなかなかのシアワセです。
実はこのとき、カカリチョとぢょにぃの二人で、新釣法”ロケッティア”を
テストしていたところで、皆さんも興味シンシン。
このメソッド、破壊力(きっと)抜群。カカリチョとぢょにぃこれで2杯ずつゲットしました。
これがやりたいが為にエギングに行きたくなる日も近し。間違いない。

 磯をチョコチョコと清掃後、車に戻り、反省会。ダントツはやはりサイボーグ部長で、
トータル数はhide殿、ぢょにぃと並ぶ7杯ながらウェイトが飛びぬけておりました。
さすが!

 
480.jpg


 んー、このメンバーいいですね。茶っキー殿の”イ゛ヤイ゛ヤイ゛ヤ”も堪能できたし。
笑いもあり(これ重要!)釣果もありでまさしく理想郷、楽しかったです。
どうも、皆さんお疲れ様でした。



 
 

 


 

1月17日和歌山・月夜のエギング

 この日は満潮19時前後。
例のウェーディングポイントに絶好のタイミングなので、
夕方17時ごろから1人で浜に立ち、シャクリ始める。
しかし、延々3時間まったくアタリもなし。
何故、何故、何故?
そういえば、ビミョーに地形が変わっていたような。
潮流か雨か風かの影響で波打ち際の勾配が緩やかになっておりました。

 後ろ髪を引かれる思いで、吉野家で夕食をとり、天神崎周辺を探索。
何人かのエギンガーを見かけ、皆さん釣っている模様。
生乾きの墨跡もかなりあった。これはいただきとばかりにしゃくり始めるが
時合いが過ぎたのかまったく反応なし。そのうち夜も暮れて、誰もいなくなる。
久々にやってしもたと一人つぶやきながら、帰路に着く。


 んで、帰る途中 ”確かこの辺やたら浅いのに、いつもヤエンのオイヤンいるなぁ”
という場所を見ると誰もいない。ここでエギを投げたことはないのだが、
ダメモトでキャスト。浅いので、キャスト後すぐにヘロヘロジャーク。
その後のフォーリングでグォンとアタリ。何とか磯際から引っこ抜くと、
なかなかのグッドサイズ。

 
2.jpg


 ロッドはシークの”ALOHA”。このロッドなかなかよいです。

 しかしこのイカ、胴長の割にはやたらスリム。この辺のイカはいつも太いのだが…
やはり寒波の影響で節食が足りないのか?

 イカはこの1杯でよかったが、タコも欲しいと思いボトム・タコメソッドで
タコ狙い。(エギでつれるチビタコがやたら美味しいので。)
で、狙い通りタコで締めました。

 
3.jpg

 

カカリチョ来襲

 Punk大王、カカリチョがウチの工房に。
約束どおり、ギブソン持参してくれました。
んー、やっぱりいい音、うらやましい。
釣り関連の打ち合わせもそこそこに、アンプ2台全開状態。
最後はOperation IvyのKnowledgeを延々とループ再生で弾きまくり。
彼女のドクターストップがなければ確実に午前様でしたね。

 で、何が決まったかというと、とりあえずJINGOの新しいパーカーの
プリントデザイン。こんな感じでごわす。

 
1.jpg


 モチーフは言わずもがな。今年から既成概念の打破を目指しパンクでいきます。
(とはいっても、緻密な現代パンクで行きます。)
やっぱり人生パワーコードですなぁ(意味不明)。


 

1月12日和歌山エギング

 スクイージー4.0号の最終プロトのチェックに和歌山へ。
夕方16時半ごろポイントに到着するが、だぁれもいない。

 沈降速度、沈降姿勢と動きのチェックをすばやく済ませた後、
ウェーディングポイントへ移動。

 
1_2.jpg


 到着して3投目でヌルっとしたアタリ。
フッキングには至らなかったが、そのままエギをステイさせていると、
バンっと乗りました。

 
3.jpg


 その後は、すぐに潮が引いてしまいアタリがなくなる。
このポイントはやはり潮位がキモでした。
終了時にはエギが着水してから5秒で藻面に到達。
カジメ&ホンダワラのワンキャストワンヒット状態。
ここで釣りを終了。

 え、よく考えりゃこれが今年の初釣り?
ちょっとお粗末でした。


今年も宜しくお願いします。

 新年が来てしまいました。2006年。爆釣&爆笑の一年であることを願います。

 で、新年の元旦からバンド仲間で忘年会。ギター師匠のワッシィとギターアンプが
欲しいなあという話になり、次の日早速、楽器店へ。
色々弾き比べた結果、やっぱりMarshllになってしまいました。

 じゃーん。

 
1.jpg


 前からあるFenderと合わせ2台になってしまい、少々スペースが手狭になりましたが
お構いなし。線路沿いでまわりは工場というすばらしい環境なので、深夜まで爆音で
遊んでました。

 

記事検索
最新記事
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ