ぢょにぃのルアーづくりLIFE

From a mountain of BOTSU proto

ルアーメーカー・JINGOのものづくり班長、ぢょにぃこと吉田聡のブログ
facebookは毎日投稿しています どなたでも友達申請大歓迎で~す(^-^)

よろしければぽちっと願います→にほんブログ村 釣りブログへ

2007年06月

6月24日和歌山ジギング・ヨヨマルGTでチャキマルGT

 岳洋社SW誌の取材で和歌山・代々丸へ。詳しくは再来月の本誌をってことで、スナップショットをチョコッとだけ。

02.jpg
今にも雨が降りそうな天気。撮影はできるのか?


03.jpg
カブラ中毒卒業宣言。鯛ジギング、やっぱり難しくて、やっぱりオモシロイ。飛天ジグ・ブリットでガッツリ系。


04.jpg
って、私のタイゲットを見ている間に、脇見運転事故でチャキマル先生にシイラヒット。バイトの瞬間見てなかったそうな。その技、ロナウジーニョばりの脇見シュートか?


05.jpg
なかなかのサイズです。


06.jpg
夏が始まるシイラの登場。オメデトウ!


07.jpg
で、シイラの次はタイもゲット。今日はミラクル・チャキマルか?


08.jpg
私も負けじと今日イチ最大級。食いの浅いタイのバイトを、反転待ちの食い込ませ技の後でクソフルパワーフッキング。


09.jpg
クソフッキングの結果がコレ。極太極小フック、顎に完全に貫通。ぜーったいにバレません。


10.jpg
そして、イワシダンゴの反応があるごとにアベックアーチ。ホイールTOホイールのデッドヒートで、鯛クロス完成。


11.jpg
まれに見る好釣果。皆さん今です、今シカナイ!代々丸へ急げ!


 ジギング釣果の全部が、飛天ジグ・ブリットの85gとメガブリットの145g。破壊力凄過ぎで怖いぐらいです。

6月20日和歌山エギング・小イカ警報

 新型のロケッティア改造プロトができたのでチョコッと南紀まで足を伸ばす。谷もっちゃんオススメの2キロアップ連発ポイントへ夜中から入る。

 ココは…ハッキリ言いましてロケッティア専用ポイント。ヒットレンジはすべて50mより向こう。普通のエギでは全然無理です。ナイスポイントだね。場荒れ全くなし。

 そしてデカイカサーチエンジンをON。検索スピードは激アップ。気分も激アップ。

 …のはずが、眠気を誘う小イカの猛攻。

01.jpg
温暖化の影響か?どう考えても冬に生まれたと思われる小イカが入れノリ。
スマヌ、お刺身用に少しだけキープ。


02.jpg
謎のマキマキアクションの練習でゲットしたオスイカ。ケンカの傷跡がありました。




 小イカはテンコ盛り居たのだが、本命のデカイカが出ないまま時間が過ぎ、朝まずめ終了。期待が外れました。




03.jpg
梅雨空の下、一日中入れノリのはずがこんなに晴れ渡り、ヤル気↓ダウン。


とある波止にてビックリ。至近距離で巨大海ガメを発見。だが、よーく見てください。


 そんな感じで、昼間はラン&スリープを繰り返し、漁場のパトロール。この時期、よいウィードを発見できれば簡単にイカをキャッチできるのだが、ウィード少なし。どうなってるの?ホンダワラプリーズ!

 で、ヤッパリ最初のポイントへ戻る。アタリもないまま、”もう出るよな、もう出るよな”を繰り返すこと2時間、唐突に谷もっちゃんのロケッティアにバイーン。19時前でした。

04.jpg
ア~、ドラグ出る~。なかなか良い引きですな。さすがシャローのイカ。よく走ります。


05.jpg
で、無事キャッチの超巨大メスイカ。2キロ行ったかな~?


06.jpg
ヒットエギはロケッティア・スラップ3.5パープルツリー。最近のヒットはほとんどこのカラー。
何?そんなにつれるのか?


 ジアイ到来か!?

 ここは素直に、そくさと私もヒットカラーにチェンジ。

 早速ボトムでモゾモゾとしたアタリ。

 ウム。


怒り



 オラキターでフルパワーでフッキングする。

 乗った~!

 でも、でもね、手ごたえがニャイのね。

07.jpg
右上、夕まづめベストタイミングでガッツリキャッチの小イカ。デカイ方は谷もっちゃんの。


 そんなわけで、サイズに非常に恵まれた一日でした。

ライブ強化週間

 やっと久しぶりのブログ更新。釣果情報、期待していた人にはスミマセンが、先週末は音楽に狂っていました。何でこんなに集中するねん!やっと消耗した体力が復活してきました。

 で、6月8日はチリズのライブ。3月にアンソ兄の急病でキャンセルされた分の延期公演です。

01.jpg
奴らの日本初・ドームライブ。果たして会場全体を揺らすことができるのか?


 19時20分ごろジョンのギターで幕を開ける。始まりからサブイボ。フリーのオーバードライブのかかったベースもよろし。チャドのスネアも響き渡る。3人のジャムが終わり、Can't Stopのリフが始まる。ヤッパリ、ジョンのカッティング、私の数百倍キレテイル。もう頭までサブイボ。

2007.06.08 KYOCERA DOME

01-Intro Jam
02-Can't Stop
03-Dani California
04-Scar Tissue
05-Charlie Intro Jam
06-Charlie
07-Havana Affair
08-21st Century Intro Jam
09-21st Century
10-Flea Solo-Throw Away Your Television Intro
11-Throw Away Your Television
12-John Solo-S.O.S
13-Snow ((Hey Oh))
14-Get On Top
15-Wet Sand
16-Nobody Weird Like Me
17-Don't Forget Me
18-Readymade
19-John Solo-Californication Intro
20-Californication
21-By The Way

Encore
22-Chad Solo
23-Flea Trumpet Solo
24-Soul To Squeeze
25-Give It Away

 一気に流れが進む。今回は音響抜群。細かいピッキングのニュアンスまでハッキリ聞き取れる。ジョンのギターを聴きに来た私にとっては号泣モノ。そしてエフェクターの音の出し方が神。スバラシイ。泣きそう。自由自在な魂の表現。堪能させていただきました。4人で出すグルーブも抜群。もうこんな奴ら出ないだろうなぁ。

 セッティングリスト的にもグッド。ジョンのソロS.O.S.は神々しささえ漂う。そしてNobody Weird Like Meは失神モノ。Mother's Milkがチリズのベストアルバムな私にとっては、ひそかに期待していましたが、やってくれました。

 そしてあっという間の1時間半。早かったです。最後にフリーの露出もしっかり見たし。大満足でした。




 
 さて余韻も覚めやらぬ2日後、今度は神戸ででん家2周年イベント" MUSH THE POTATO NIGHT "。

02.jpg
まさに音楽も人もごっちゃまぜ、カオスなイベントでした。


03.jpg
バックステージ潜入。テンションはすでにMAX。


04.jpg
で、我らがNagataBremenzの登場。烏賊係長がヨテ公に逆戻り。先祖返りを起こしております。

 
05.jpg
手ぶれ上等の盛り上がりショット。ノリは今日イチ。


 そんなこんなで、楽しい日々が終わり、若干抜け殻状態。困った



6月2日とあるお祭り

 エギング苦行…

 一つ目のポイントでメインロッド、バキ折られされたこともあったね。

 釣れない雨どしゃ降りの沖磯で、寒さに震え続けたこともあったね。

 釣れない厳しい取材、眠いのに最後までシャクってたこともあったね。



01.jpg


 そんなアナタに大きなご褒美…

 長い長いトンネルを抜けて、ヨテ公が ”烏賊係長” になって、戻ってきましたびっくり ヤッターびっくり おめでとうびっくり キャラ・チェンジやーびっくり

 詳細は秋に発売予定の岳洋社・エギングマガジンにて。









 で、発売日前にあんまり見せると怒られるので、ハミ出しスナップショットをチョコっとだけ。

02.jpg
”これから競技”の雰囲気、マッタク無し。いつもどおり和気アイアイと馴れ合いフィッシング。


03.jpg
カカト歩きのmomo殿。ご苦労様です!


04.jpg
昼食に舌鼓。”これ何のサカナやろー?”


05.jpg
お遊びにシーバス。オイオイ、ヤメロヤー! でも、でかいんちゃう、ソレ?


06.jpg
デーン、トップで80アップのシーバス。漁殿のサカナ好きをニンカク。


07.jpg
って、それで賞品もらうんかい!もって行き過ぎやろー!困った


 ということで、まま、楽しい一日でした。参加された方、そしてイロイロ準備した下さった諸氏、お疲れ様でした。来年も開催されることを期待してますびっくり



5月31日ドーピングしてダマル♪

 なかなか直らない左手首の腱鞘炎。直らないどころか、ひどくなる一方。朝、起きるたびに”今日が一番痛い!”状態。どうしよう。ということで、とりあえず整形外科に。

 先生 : ”注射して薬飲めば90%の人は直りますよ”

 ぢょ : ”えっ?そんな簡単に?じゃあフルコースでお願いします♪”

 で、先生、注射の準備をしながら ”注射、痛いですよ” って。後から言いますか?まあ、注射は平気なほうなので、ガマンすることに。

 細い針で白濁液を注射。この注射、ホンマに痛かったです。注射してからしばらくは手首全体がしびれる感じ。それからしばらくして、徐々に手首の痛みが引いていく。スゲー。釣りができるかも。もっと早く治療しとけばよかった。
 



 ということで、前置きが長くなりましたが、早速出動。精神を鍛えなおしてもらうために、スパルタ東田塾へ。タイ&タコ狙いで明石にサツアイ。今回は強力マジカル軍団&天才釣り師と一緒です。

 朝イチは潮が動かないので、タコ狙い。早速連発です。


01.jpg
マジカルてんちょ、タコゲット!オメデトウ。ああっ、そんな持ち方したら噛まれまっせ!


02.jpg
で、真の天才はこのお方。連発&連発でダントツ竿頭。Mr.エピソード1、さすがです。全くかないません。


03.jpg
マジカル4号艇キャプテンもやります。深夜2時半までのシーバスガイドをこなしてからの参戦。実は私と同郷・同学年ということが判明。お互い若いデスネ。


 さて、潮が動き出したので、マダイ狙いの号令。ポイントを移動します。到着して早速、鯛カブラ投下。アタリがポツポツ出始めたところで、ロッドが絞りこまれたのはマジカルオーナー。

 強烈な引きです。腰を落としながらのファイトで、無事ランディング。

04.jpg
バタバタバタ!デカイ!キレイ!出ました明石鯛!


05.jpg
祝い鯛にもって来いのようなキレイな鯛。オメデトウございます。


 さあジアイ到来です。と思われたが、運悪く、アタリ→乗らず&フッキング→バラシの連発で追加できず終了。ハイ、またまたリベンジですね、てんちょ!

 どうやら、最近の明石、黄色のネクタイが利くみたい。釣行される方は”幸運の黄色いネクタイ”をお忘れなく。

 で、港に帰る。

06.jpg
ゲットしたサカナを眺めながら、ワイワイと。


07.jpg
必殺・東田締め炸裂。”ハリを水平にっ!”


08.jpg
この日のエモノ。高級ブランド・明石の食材。買ったらン万円かも。


 てなわけで、皆さんお疲れ様でした。楽しかったです。この後、皆で魚の棚散策と玉子焼き堪能して帰りましたとさ。チャンチャン。

 あっ、忘れてた、追加情報。マジカルさんによると、最近ボートシーバス絶好調らしいです。連日70アップがキャッチされているようです。行くなら今しかナイ!ですよ。
記事検索
最新記事
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ