ぢょにぃのルアーづくりLIFE

From a mountain of BOTSU proto

ルアーメーカー・JINGOのものづくり班長、ぢょにぃこと吉田聡のブログ
facebookは毎日投稿しています どなたでも友達申請大歓迎で~す(^-^)

よろしければぽちっと願います→にほんブログ村 釣りブログへ

2012年02月

桜舞TG ロゴタイトル案


01

今春発売予定の、JINGOタングステンタイカブラ・桜舞TGのロゴタイトル案を入手。
いかがでしょうか??

2月24日タイカブラ・テスト釣行

JINGOタイカブラ・桜舞TGの最終調整で、紀北沖。
とは言っても、ほとんど今までのテストで構成パーツは決まっているので、確認のための釣行です。

01

タイは居るには居るが、なかなか口を使わない状況。
幸い、イカナゴなどのシラス系のベイトには、それほど執着していない状況なので、
アタリはかなりの数、ありました。

しかし、リールのハンドル2回転以内しか追ってこないので、ノーマルの状態の組み合わせでは
なかなかフックアップまで持ち込むことができません。
なんせ、水温はまだ11℃台、ボトムからなかなか離れてくれません。

02

製品プロトのテストを終えてから、どうにか釣り上げてやろうと、悪戦苦闘。
ネクタイやスカート、フックをいろいろ取り替えて試しますが・・・

”何とかして釣るBOX”を、この日は持ってきていなかったので、パーツが不足しました


03

発売までに、もう何度かテスト釣行してみたいと思います。


鯛カブラフックの作り方

JINGOの新製品、鯛カブラ・桜舞TGの生産に向けて、準備の最終局面。

生産Procedureをまとめていたのですが、指示書の膨大な数の写真が、少し勿体ないような気がしました。そこで、知りたい方もいらっしゃるかも知れないので、鯛カブラのフック部分の製作方法だけ、ここで公開してみたいと思います。気に入った方は、お好きなライン・フックで自作してみてください!
(もっといい方法があるよ~って方は、こっそりおしえてください・笑)

ポイントは、
・狙いの寸法で作ること
・無駄のないこと
・すばやくできること
です。(量産する上で、当たり前ですね、すみません;;)

finished hook
出来上がりの形と寸法です。 下のほうのハリのポイントが、上のハリに干渉して鈍らないように、ズラしています。
結びは外掛け結びです。

tools01
使うのは道具と材料は、このくらいです。 上のは冶具です。あ、あとハリと接着剤も必要ですね。

01
冶具はプラスティックボードに直径1mm・長さ数ミリのピンを打ってあります。割り箸と細いクギでも代用できると思います。目盛りは、ピンの遠い側からそれぞれ、33mm・50mm・94mmのところに書いてあります。別寸法のモノも作れるように、マスキングテープの上に書いています。

02
まずはこのように持って・・・

03
ラインの余りのほうを、ハリの上側から50mmのところに、調整します。

04
指で押さえているところが、ズレないようにしっかり保持しながら、外掛け結びを開始!

05
5回巻きつけています。これより多いと、締りが悪くなりますし、少ないと結びのズレが多くなります。

06
ループに通します。

07
メインラインを引っ張って、巻きつけの山が崩れないように、丁寧に締め付けます。

08
プライヤーで端をつまんで、しっかりと増し締めします。

09
結びコブを、ハリの撞木までズラします。接着剤を使うまでは、結び目の巻きつけがふくらんでしまうので、ハリを引っ張っての締め付けはしません。

10
次に、冶具を使って、結びコブの頭から33mmの位置に、ラインに折り目をつけます。

11
折り目がついた状態。

12
折り目を先端として、チチワを作ります。 PEラインを使う場合は、エイトノットにします。

13
プライヤーでしっかり増し締め。

14
反対側も増し締め。完成部分にかからない様に、
チチワ先端から110mmぐらいのところを、プライヤーでつまんでいます。

15
チチワ先端から94mmのところで、カット。

16
最初のハリと同じように、50mmのところで2本目のハリを保持します。

17
同じく、外掛け結びで仕上げます。左手でつまんでいるところがズレると、完成品の寸法もズレてしまいますので、しっかり保持してください。

18
1本目のハリと同じように、増し締め。 ここまで、ラインの完成部のどこもプライヤーでつまんでいません。

19
最後に、浸透性のある接着剤(瞬間接着剤でいいです)を、結びコブに垂らしたあと、端線を3mmぐらいにカットします。 ギリギリでカットすると、ほどけてしまう恐れがあります。

以上で、鯛カブラのフックの自作方法となります。

好みの寸法があれば、冶具の目盛りをいじって調整してみてください。
また、ラインにPEを使う場合は、最後の端線をライター等であぶって、結び目ギリギリに焼きコブを作っておくと安心です。

慣れるまで大変かもしれません。当工場では、猛トレーニングをつんだ職人が行っているので、正確かつ、すごいスピードで作ります^^;

できない人、時間のない人、面倒と感じる人は、完成品を純正パーツとして販売する予定もありますので、どうぞご利用くださいね




























タイカブラのネクタイのサンプルが届きました!

工場からタイカブラのネクタイのサンプルが届きました! 注文をしていた通り、ほどよい柔らかさと厚みで、なかなかイケてると思います。これから色の選定と、強度・耐久性の最終テストを、行わないといけません。



スペアパーツとしての展開も考えていますので、どうぞご期待下さい!

神戸空港ベランダ

根がかり&寒い&あんまり釣れないことで有名な、神戸空港ベランダでメバル狙いの実釣テスト。
釣れませんでしたが、 根がかりロストは一回もありませんでした

P2120007

ネクタイのテスト

ラバーネクタイの形状を検討します。

鯛カブラの時も、散々テストしたのですが、全体のバランスの違うものを作りたいので、再テストです。
幅・形状の違うものを、何通りも作図して、カットして・・・

P2110003

一つずつ、循環水槽でじっくり観察。
最終的には、全体的なシルエットの収まりのよさと、わたしの好みで決まると思います。

P2110005



いいモノ出てきた

棚の整理をしていたら、昔にアメリカで買ったジグフックがでてきました。
アラバマリグ用に、丁度いいみたいです。ムフフ

P2100002

Red Hot Chili Peppers のインタラクティブ・ビデオ

このPV、面白いです。

2月7日猪名川

試作品のスイムテストで。
雨の後で、ものすごく濁っていました。結構な雨量が、あったみたいですね。
シーバスを少し、狙ってみましたが、産卵前のお腹パンパンの、超ド級サイズのコイと何度も
目があってしまい、スグに退散。
間違って、引っかかってしまえば、シーバスタックルでは大変なことになりまする
(過去に経験アリ)

水鳥がたくさん、集まっていました。

P2070015




雨が

雨が降って、スイムテストに行けません
暖かいのはいいですが、なんだか気分が・・・

景気付けにどうぞ。

2月5日フィッシングショー大阪

ご来場いただいた方々、ありがとうございました。

関係者諸氏の方々、どうもお疲れ様でした。

P2050012
無事、今年もフィッシングショーを終えることができました。
次回までに、精力的にまた開発を続けていきたいと思います。

ということで、ぢょにい・谷もっちゃん・ヨチヤマ、3者3様のオリジナルパフェの開発。

P2050013

3人とも、パフェづくりのセンスはないようで

2月4日フィッシングショー大阪

今日、お話いただけた方々、ありがとうございました。
明日もおりますので、お越しになられる方は、どうぞお気軽にお声をおかけください 

P2030008


P2040009

フィッシングショー大阪・搬入完了

フィッシングショー大阪の、JINGOコーナーの設営をしてまいりました。

P2020005

場所は6B館入ってスグ、バレーヒルの中にあります。

P2020006

明日から3日間、おりますので、どうぞ遠慮なくお声をおかけください。
人生相談以外でしたら、どんなお話でも結構です。


帰りにすごく寒そうな空をみかけたので、思わずパチリ。

P2020007







The Fray

いいメロディを書きます、この人たち。



名曲といえば、こちら。





没プロト物語(ロケッティア・ホバーロック編 その2)

その1はコチラ

壁に行き当たって、しばらくたちました。

あれこれ考えた末の結論、キャスト後の飛行中の姿勢、水中でイカを誘うときの姿勢、二通りのバランスを一つのエギで実現できないかと。となると、重心が可変式でないと、いけません。 う~ん、どうしよう

エイヤッ で作ったのがコレ

P1280021

シンカー内部をシャフトがスルーしていて、それを軌道として、シンカーが前後移動する仕組み。
シンカーがブレないように、ガイドが飛び出していて、ボディ内部のレールを通っています。

1


実はコレでもらった! と、しばらく使っていて、釣果もなかなかでしたのですが、ある事実が発覚。
フリーフォールさせると、シンカーが前に移動してしまい、逆立ち姿勢になってしまうのです。

よしっ、こうなれば、シンカーを後部でロックさせるぞ!

まずは基本形。

P1280024

この形を基本に、ロックするシステムを詰めていきます。
(量産することは、無視してました。)

P1280025

途中にガイドとなるシャフトに、山形をもうけて抵抗を作ってみました。
重心移動のプラグの、内部構造と同じ発想。

しかし、セッティングが微妙で、わずかな変形でもスタックしてしまいます。
また、製造上のばらつきの許容範囲に、スゴク不安が残ります。 

次に試作したのが、コチラ。

P1280027

現在の製品に、ほぼ近いところまでやってきました。
しかし、これでは、ストッパーとなるワイヤーの変形量を稼げないので、相当強いショックをあたえてあげないと、シンカーが後ろにロックしません。

よし、あともう一歩・・・・

P1280028

コレが、現在のホバーロックの原型、第一号です。

あとはひたすら、こんなテストをして、水中でのステイ角度の調整。

2

釣行と調整を繰り返しながら、ファインチューンを繰り返します。

一つ特徴的なのが、カンナが刺さる位置。

3

イカの口元や、足の付け根にガッチリかかるようになりました。
頭下がりのエギですと、必然的に、イカがエギの腹側から抱く形となり、カンナはイカの眉間や足の先にかかることが多くなります。アタリがあるのに乗らないこと、または掛かったと思ってもバラしてしまう原因が、ここにあるのです。

水平姿勢のホバーロックを使い出してから、アタリが格段によくわかるようになってきました。
頭下がりのエギですと、イカがタッチしてから、アタリやフッキングパワーが伝わるまでに、わずかですがエギが頭を起こすまでの時間とパワー伝達のロスができてしまいます。
水平姿勢ですと、それがありません。

と、いうことで、完成までの一つの物語でした。



ついでに、お伝えしたいことがあります。

ホバーロックを使用する上で、ご理解いただきたい弱点があります。すみません。

シンプルかつ、軽量な仕組みにするために、可動部はむき出しとなっています。
なので、砂が詰まったり、塩が固着したりすると、スムーズに動かなくなります。
なので、まめな点検をお願いしたいです。
それと、ハードに使用すると、ワイヤーの変形が起こり、これもトラブルの元となります。
ワイヤーは、手で力を加えると変形するぐらいの強度です。
変形すれば、手で元に戻せますが、できればエギ着底後、ボトムにハードヒットさせないよう、一発目のシャクリは、すこし手加減をお願いしたいです。

以上、没プロト物語・ホバーロック編でした








 



記事検索
最新記事
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ