堺のチャーター船、ベイマスターでジギング。メンバーはケンちゃんとタイ名人T君と私の3人だけ。私以外の二人はすでにこの船でマダイを爆釣しているらしく、メソッドなどを謙虚に事前調査しておいた。ケンちゃんは、飛天Jigトルネードの60gでいい思いをしたらしく、イワシとグリーンゴールド、そして暗くなってからはグローパールピンクでヒットしたとのこと。

 午後12時半ぐらいに港をでて、ロングドライブのあとポイントに到着。しかし、ベイトとなるカタクチを発見できず、苦戦する。何箇所かポイントをまわり、少し魚探の反応のあるポイントで、ケンちゃんがなんとチヌをゲットする。そのあとT君が突然マダイをゲット。水深22mぐらいのポイントでした。そして私にもヒットするが、なんとめったにないラインブレーク。中々の引きでした。

 そのあとしばらくアタリが遠ざかるが、やっとベイトの集合ポイントを発見しボトム付近で私のトルネード60gブルーバックにマダイがヒット。ばらさないように慎重にやり取りして、ゲットできたのは72cmのお腹パンパンの奴でした。

1.jpg


 そして夕暮れになり爆釣タイムに突入。ポイントに入り、サバの猛攻をかわすとと確実にマダイのアタリがあり、特にT君が順調に匹数を稼ぐ。つり方を見るとマダイ狙いにしてはかなりのハイスピードでしゃくっていた。私にもヒットがあるがフックアウトの連発。何故???
アドレナリンが出尽くしたところで完全に日が暮れてついにタイムアップ。

 釣果はT君が5枚、ケンちゃんが3枚、そして私が1枚という結果に。バラシがなければ肉薄していたのに。フックのセッティングの改良仕様がイマイチだったか?本当に難しい。リベンジを誓い、帰路に着く。

 
2.jpg


 今回、このポイントではよくヒットする場所では潮が速く、トルネード60gでは底取りが難しかった。60gの長所はそのスリムシルエットにあり、トルネードの特徴である”ヒラヒラした動き”とあいまってマダイの爆釣ルアーになっている。そのシルエットのまま90gを作って見ることにした。結果がよければリリースします。