昼前にヤスノフ殿にTEL。
エギングに行かないかと誘いをかけると、バイトしてくれました。
彼がエギングタックルをそろえたいというので、エイトさんへGO。
一通りロッドからリールまで揃え一路、南へ。

 先週の2キロポイントに到着したのが17時半。
しかし、今日は全く反応がない。
それもそう、この日は小潮で今はまさに干潮ど真ん中。
浅すぎて釣りになりませんでした。
イカが多いときにはそれでもつれるのだが…

 潔く速攻でポイントチェンジ。次は低い地磯。風はかなりキツい。
そこで昼の3時からやっておられたヤエン師にお伺いすると、
全くアタリもないので、もう引き上げるとのこと。
とりあえずエギを投げるが、イカの反応なし。異常なし。
ただし、タコはつれました。
 
 暗い中磯を歩き回り、磯の割れ目から潮目ができている場所を発見。
ここで釣れんかったらやめじゃ!と思いながら、エギをトレースすると
トンというアタリ。上がってきたのは、小イカちゃん。
SQ-EASY Slap 3.5号のオレンジキュウセン(赤)でした。
 
 
1.jpg


 しかし、その後続かず。
風が強くなる中、ボトムを中心に攻めるとタコの連発!

 
2.jpg


 何故???
風が強くラインがフケて、ラインが水中で立ち気味になるのが、タコにはよかったのかも。
(↑タコテク?)
狭いエリアでなんと5,6杯も釣り上げる。
ヤスノフ殿はボトム取りに苦心しているらしく、やっとタコを1杯ゲット。
この辺のテクの差はハートでもどうにもならんかも。
(しかし油断すると絶対ヤラレルはずだ。)

 イカは居ませんと結論づけ、20時ごろ早々に退散。
やはり干潮満潮のタイミングをはずすとキビしいかも。

 で、帰り際にメバルさんに癒してもらおうと泉南の漁港へ。
とにかくシーズン初のメバル釣行なので、1匹の顔が見たいと思い
極悪リグ(自作超小型タングステンジグヘッド)を使用。
先行者が何人か居る中頑張るが、クックックという激スモールサイズの
アタリしかない。ヤスノフ殿は小さいながらもしっかりキャッチしておりました。