和歌山では中々ありえない、ハマチ爆釣の知らせを聞き、
いつもの代々丸さんへ。大盛況らしく、この日は大志丸さんにお世話になりました。

 メンバーは純ピラニアンども、テンプラ殿・ヤスノフ殿・あるふぁ殿と
私の4人。なかなか強力な面々がそろう。

 波が高く、釣りができるかどうか微妙な状況の中、ポイントへ向かう。
最初、白浜沖の60mラインへ入り、ワンフォール目でぢょにぃのジグに
バイト。2フォール目できっちりフックアップしました。
上がってきたのはハマチかと思いきや、シオでした。

1.jpg


 ジグはトルネード115gで、なぜかスローピッチのジャークに反応。
これを同船の方々、特にテンプラ殿に影響を与えたらしく、みんなのシャクリが
スローに。これがいけなかった。

 それからは長い沈黙が続き、海も荒れ放題。

 
2.jpg


 そしてまたもやぢょにぃのスローピッチにバイト。
今度は40cmオーバーのメンドリさんでした。

 視界の中に居る、代々丸のほうはハマチをポツポツとヒットさせている。
よく見るとみんなかなりのハイピッチ&コンビネーションジャーク。
これを徹底していたらよかったのだが、後の祭り。
時合いは終了しており、魚探に移る魚影も景気が悪い。

 ここでいつもどおり、ぢょにぃは色々試す。
まず、ジグの上にカブラ針。だがカブラの代わりに最近リリースされた
月下美人のカーリービームをセット。高強度素材なので、雑魚に齧られても
大丈夫。ひそかにこういうの作ってくれたらなぁと思っていたワームです。
小気味よいアタリであわせると、上がってきたのは25cmそこそこのチャリコ。
これにはなぜかH船長、猛烈に反応しておりました。

 次に試すは、中通しのNewシンカー(プロト)をセットしたエギのリグ。
しかし、これには反応がない。と、突然となりのテンプラ殿にハマチがヒット。
これは、エギで活性が上がったに違いない。

 そうこうしているうちに波が高い中、予定のフルタイムまで時間が過ぎる。
操船が大変な中、船長ご苦労様でした。
後の2名(ヤスノフ殿&あるふぁ殿)は、なぜか沈黙&ダウン。昏睡状態に。
まだまだ修行が足りん!と喝を入れる。

 
3.jpg


 代々丸を後にして次に向かうは、アオリ2キロポイント。
実はこの日はこれ本命のつもりだったが、爆風と極寒でどうにもなりませんでした。
満月の大潮で夕方満潮狙い撃ちで、2週間前から狙っていたのに!
次は年末か!?

 ヤスノフ殿&あるふぁ殿はこの間も車の中で爆睡。
なんと最後の大阪着までずっと眠っておられました。喝!!
(仕事で疲れすぎ?)