この日は満潮19時前後。
例のウェーディングポイントに絶好のタイミングなので、
夕方17時ごろから1人で浜に立ち、シャクリ始める。
しかし、延々3時間まったくアタリもなし。
何故、何故、何故?
そういえば、ビミョーに地形が変わっていたような。
潮流か雨か風かの影響で波打ち際の勾配が緩やかになっておりました。

 後ろ髪を引かれる思いで、吉野家で夕食をとり、天神崎周辺を探索。
何人かのエギンガーを見かけ、皆さん釣っている模様。
生乾きの墨跡もかなりあった。これはいただきとばかりにしゃくり始めるが
時合いが過ぎたのかまったく反応なし。そのうち夜も暮れて、誰もいなくなる。
久々にやってしもたと一人つぶやきながら、帰路に着く。


 んで、帰る途中 ”確かこの辺やたら浅いのに、いつもヤエンのオイヤンいるなぁ”
という場所を見ると誰もいない。ここでエギを投げたことはないのだが、
ダメモトでキャスト。浅いので、キャスト後すぐにヘロヘロジャーク。
その後のフォーリングでグォンとアタリ。何とか磯際から引っこ抜くと、
なかなかのグッドサイズ。

 
2.jpg


 ロッドはシークの”ALOHA”。このロッドなかなかよいです。

 しかしこのイカ、胴長の割にはやたらスリム。この辺のイカはいつも太いのだが…
やはり寒波の影響で節食が足りないのか?

 イカはこの1杯でよかったが、タコも欲しいと思いボトム・タコメソッドで
タコ狙い。(エギでつれるチビタコがやたら美味しいので。)
で、狙い通りタコで締めました。

 
3.jpg