この日はSeekbait総長・K氏を師範代に崇めての鳴門・フラフラ塾の予定だったのが、うねりのため中止。せっかく、オリジナルフラフラ・玉三郎を準備していたのだが残念この上ない。玉三郎は師範代に託すとして、急遽ハイテクマシン・ブロス吉田殿の計らいにより、宮津・ワープゾーンで青物ジギングに変更。

 ブロス吉田殿、エノモト殿とK氏、テンプラ殿とぢょにぃの5人、ピラニアメンバーと呼べる面々が揃う。

 朝8時に出船、向かうは港近くの浅場のナブラポイント。ナブラ狙いで、ミヨシでドラドポッパーをキャストしていた人がメジロをファーストキャッチ。テンプラ殿も2回バイトしたらしいが惜しくもバラシ。

 その後、半島沿いに北上しつつ浅場に散らばるメジロの群れを、ドテラ流しのジギングで狙う。朝からの雨がなかなかやまず、暗い空の下、ジャークパターンとジグの色をイロイロ試していたぢょにぃにジギングでのファーストヒット。

1.jpg


 ジグは飛天ジグ・イリジウム115g・レッドゴールド、ワンピッチ・ワンジャークでジャークの間合いを調節していたときでした。とりあえずイチ抜け。この日はあまり活性が高い状況ではないと察知したので、鋭いジャークでスイッチオン、で、間合いを与えて食わせるという組み合わせをを規則正しく繰り返すパターンを展開。同じジャークを繰り返す(少し間合いは長いが)K氏がジグをレッドゴールドに変えた途端、K氏にもヒット。めでたく2抜け。で、同じジャークで再び私にヒットするが、強引に竿一直線で寄せたのでバラシ、ゴメンナサイ。その後、エノモト殿もメジロヒット。オメデトウございます。やはりゴールド系のカラーでした。ゴールド系、ローライトコンディションに強し。そして、おもむろにぢょにぃがもう一本追加。

2.jpg


 ぢょにぃがもう1本バラシた後(何故?)、エノモト殿にまたまたヒット。吉田殿・テンプラ殿危うしと思った瞬間、二人仲良くヒット。ブリ&メジロ、あーよかったです。

 
3.jpg


 先発全員安打でめでたしとなった後、しばらくヒットが遠のく。そしてブリポイントへ移動。ここでは船を立ててのバーティカル狙い。僚船はすでにブリをゲットしている模様。気合を入れてシャクる。

 で、やはりハイテクマシン吉田殿、得意の丹後ジャークでズドンとブリヒット。オメデトウございます。よく見ると、ガッツリ、リアフックにフックアップ。ンー、これかぁ。続いて再び吉田殿、そしてK氏にヒットがあったが、惜しくもバラシ。このときぢょにぃは…船のペラと格闘中(号泣)。

 そして、K氏が底から20mのところでヒラメをゲットしたところで、あえなくタイムアップ。お疲れ様でした。

 帰りに糸井精肉店で焼肉をガッツリ喰らい、筋肉を補強。1人3,000円ほどの予算で満腹しかも旨い肉で大満足。良い店発見。早速、ナビに登録しておきました。

 この日はぢょにぃ得意のメジロパターン。しかしバラシが多かったのも事実。1枚目の写真を良く見るとわかると思いますが、魚はジグを後ろから吸い込んでいます。で、この日は”食わせの間合い”と”リアフック”という結論。この時期、まだブリ・メジロ遊泳力は弱くて、ジグの前に回りこんで頭を抑える食い方ができないのかも。魚の引きもサイズの割りに若干弱かったのでそうかも知れません。ジグもロングよりもセミロングのほうがよさそう。ということで、ジグ製作魂に火がつく(謎)。乞うご期待。