今年なかなか行けなかったタイジギング。徳島のベテランジガー・アイダ殿の計らいで実現。メンバーはここが地元のアイダ殿とその友人、ホゲォゥ…じゃなくて香川のWARA王、そしてJINGO番頭T君とスキーやりすぎで腰に難アリのテンプラ殿と私の6人。

 今回は阿南から出船するまんぼうさんにお世話になりました。午前6時ごろに港から出船。最近の雨続きで海はやや濁り気味。程なくして目的の伊島周辺のポイントに到着。

 最初のポイントはブリ狙い。粘れば1時間に1本ぐらい出る確実なポイントなので気合が入る。

 そこで、ファーストフォールのアイダ殿にイキナリのヒット!

 ジグは先日ぢょにぃが日本海でメジロをバクったブリット・プロト!!

 そして、なぜかバラす!!!ガーン。

 アイダ殿は意気消沈。ガシラなどがぽつぽつ釣れるが、次のブリは1時間後のはずなので、ここはあきらめて移動。少し深い水深○○mの漁礁回りを攻める。

 ここではダークホースT君がグッドサイズのタチウオをまずゲット。しばらく船が流れたところで、ハイスピードでアクションしていたアイダ殿の友人のジグに、なにやら大物がヒット!そのファイト最中に、ヒットしたジグのそのアクションを見落としていなかったテンプラ殿が、同じようなアクションで隣でヒットさせる。バレーヒル・クライベイビーが究極の曲がりを見せる。

3.jpg


 先にヒットさせた友人殿のサカナがタモに入る。

2.jpg


 キャッチされたのは80cmオーバーの巨大マダイ。やりました!続いて、テンプラ殿のマダイも無事ランディング。これも75cm前後のグッドサイズ。おめでとう!しかし、ここでテンプラ殿は腰に少しのダメージを負ったらしく、少し休憩。

 しばらくして、またポイント移動。船長の動き、なかなか機敏です。

 このポイントでは少し水深があるので、わたしは近日出荷予定の飛天ジグ・ブリット100gを使用。ボトムからミディアムスピードで10mぐらいアクションさせ、急にハイスピードに切り替えた途端、ガツンとヒット。ダンダンダンとクライベイビーのティップをたたくファイト。やがて、待望のランディング。

1.jpg


 リアに取り付けたトレブルに見事フッキングした、40cmほどのきれいなマダイ。一番欲しかったサイズとサカナ。うれしかったデス。

 そして、いつの間にか復活していたテンプラ殿にもマダイヒット。これも40cmぐらいの食べごろサイズ。ロッドを持たせれば、このヒト危険です。

 この日これまでカタクナに沈黙を守り、精彩を欠いていたWARA王にもやっとサカナが回ってくる。ホレ見ろのポーズ。

4.jpg


 なかなかのワル・ジガーぶり。あがってきたのも不良ワル・フィッシュのタチウオ。お似合いでっせ!

 最後に磯回りでキャスティング。ぢょにぃがサラシの中でヒットさせるが、ばらしてしまう。エラ洗いがまったくなく、もぐる一方だったのでマダイだったかもと船長。この海域、マダイが非常に濃いです。

 この日は我々阪神ジガーにとっては、なかなかの釣果だと思ったのだが、ここの船では最悪に近い釣果とのこと。信じられません。ベイトのイワシがまだ入ってきていなかったので、ジグに反応が悪く釣果が伸びなかったという話。イワシが入ってきたら、非常に魅力的な漁場です。

 今回はエクセレントなジギング船に案内してくれたアイダ殿にスペシャルサンクス。またよろしくお願いします。お疲れ様でした!