チーム・デリートのエリート部隊、名誉会長のチャキノシンと副会長・カカリチョン(副会長で係長??)と微妙な立場のぢょにぃの3人で大海原へ。直前予約が多く、なかなか乗れなかった代々丸にて出撃。久しぶりどす!

 まずは、○○○沖の40mポイントへ。去年、総長がデカカンパチをヒットさせたポイントです。最近マイブームのタックル、クライベイビースピニング+ステラ4000でジグ・ブリット60gを投入。一流し目で、とりあえずサバゲッツ。幸先良いです。ジギング不慣れな2人に悪いなと思いながら、わが道を行く。

 次の流しで、ボトムから20mぐらいまでジグをシャクリあげたときにサカナの追尾を感知!ワンピッチのシャクリのリズムを崩さず(これ重要)フックを吸い込むのを待っていると、クリン!とバイト。タイ!?と思いながらフッキング。途端、無理!と思える走りでボトムめがけて一直線にラインが出る!サカナがボトムにぶつかるゴツンとした感触のおまけつき。

1.jpg


 クライベイビー限界の曲がり!”サカナをかけてから考える”主義のライトタックル、実はPE1.2号+リーダー4号の極細セット。バレたら船長激怒!?これは是非とりたいと思いながらも、なすがままファイト。船長にマイカメラを渡しながら、サカナの体力が尽きるのを待つ。ウン、浅いポイントでよかった。程なくして浮いてきたのは久しぶりのカンパチ君。ご無沙汰!そしてネットイン!

 ででーん!

2.jpg


 丸顔のうっかりカンパチ君72cm。細仕掛けにヤラレましたね。

 ここしばらく凝っている、ライトジギングタックル。ラインを細くすればするほどアタリもわかりやすく、ジグの動きも良くなり、バイトも増加しますが、それにつれて、ロッドとリールもパワーダウンしないといけません。モチロン、フックも刺さりの良い細軸のモノをチョイス。トータルのセッティングが重要。タックルの詳しいことは直接問い合わせてください。釣果激増してます。

 ジグは飛天ジグ・ブリット。対象魚問わず爆発が続きます。超オススメですが、発売が遅れています。スミマセン!コーティングの強度が確保できないために、総やり直し(!!!)しているためですが、まもなく出荷できます。もう少しのお待ちを!

 そして、同じタックルでサバ1・マルソウダ1追加したところで、ここを見切り(ジギングの釣果独占してスミマセン)シイラ探しで沖へ船首を向ける。

 潮目に沿って、シイラを探す。そしてヤッパリいました、カカリチョンのスーフロッグお祭りポッピングに合いの手を打つシイラ君。ハイナハイナ!

4.jpg


 咥えたルアーが葉巻に見える、夏のベストショット!きれいな色ですね。

 続いて、おニューロッドで気合満タンのチャキノシンにもヒット!ファイト、ファイトで上がってきたグッドサイズ!

5.jpg


 オメデトウ!たまにはデリ忘れも必要!?

 デリートの任務も忘れて、巨大プラグのキャストの嵐。しかし沖へ出れば出るほどなぜかサイズダウン。そのうち、ルアーを見切る輩も出始めて苦戦する。船尾でチャキノシンがグッドサイズをかけるが、姿を見せたところでなぜかフックオフ。

 ここからデリート魂炸裂。ポイントを変えども変えどもシイラ不在。最後の定置網ポイントでフられたところでタイムアップ。お疲れ様でした。

 シイラ狙いではお祭りポッピングの集魚力抜群!恐れ入りました。ただフッキングが甘いのがタマにキズ。それでもシイラがはるか向こうからスッとんでくるのは爽快ですね。またチャレンジしましょう。