6.jpg



 ジギング界でもっとも敬愛すべき御大、チャーマス大先生!不屈のアティテュード、その風貌と人柄、どれをとってもわたしの憧れです。

 そのチャーマス先生と釣りをする機会に恵まれました。B社の取材で大阪・和歌山で2日間、みっちりとやりました!

 一日目は泉南谷川港から出船する火遠理丸。港から出てすぐのところに、よい漁場があります。出てすぐに、大貝さんがマダイをゲット。この人、関西でも屈指の”際どいアングラー”です。いつも釣りすぎ、要注意です。大ちゃん、そしてチャーマス先生とブリッジ・ブレインでマダイをヒットさせる。


2.jpg


 チャーマス先生、前日の夜に自ら経営する新宿のバーを閉めてから関西まで直ドライブ。そして、釣りを開始。なのに、一日中元気はつらつ。還暦とは思えないパワー。恐れ入ります!

 この日はアタリが少なく、思ったより釣果が伸びない。帰港間近の夕方になり、あきらめの空気が流れ始めたところで、チャーマス先生に大物ヒット。タイミング最高!

3.jpg


 慎重で丁寧なファイト、絶対にバラしてなるものかという気迫とサカナへの愛情が背中から感じられます。

4.jpg


 やがて浮いてきたのは、この周辺では最大クラスの巨大マダイ!タモに入りきりませんでした。船中どよめきが走る!

5.jpg


 スーパービッグサイズとチャーマス先生。これほどのスペシャルショットは無いでしょう。うれしそうな顔が印象に残りました。

1.jpg


 勝ち組のかたがたで記念撮影!(私は?ノーコメント…)

8.jpg


取材陣全員で記念撮影。

9.jpg


とりあえず、1日目お疲れ様でした!