なにやら異常に忙しい日々ですが、ちょこっとジギング行ってきました。島根のジギングの老舗、海峡さんです。数少ないウチのステッカーを貼ってくれているジギング船、古くからのお付き合いです。(なかなかいけなくてすみません。ドクロ

 少し気合を入れて、朝7時ごろ出船。船長、そして同行のオクちゃんとインチク談義に花を咲かせながらポイントへ向かう。そう、今回のテーマはインチク。今日はほとんどコレしばりと言うことで、使い方の情報収集に余念がありません。走る

 ポイントへ到着し、いよいよインチク投入。タックルはブルーローズB571SSにオシアジガー1500改、PE1号にリーダー4号のライト仕様。水深は70m以上。結構着底までに時間がかかります。細仕掛けなのでドラグはズルズル、指でサカナを止める作戦。炎

 1投目、異常なし。2投目、ボトムをとってから10mぐらい巻き上げたところでガツガツとアタリ。グンッとフッキングすると乗りました。しかし、少し浮かせたところで、ハリはずれ。ウーン、くやしい。歯型がボディに残っていました。(たぶん巨大マダイ。)

 そのうち隣で頑張っていたオクちゃんに、ガシラヒット。

2.jpg


 インチクファーストヒット、オメデトウ。ハート

 反応がよくない中、場所を転々とする。

 このプロトのインチク、ストレートリトリーブでクネクネと動き、100m以上ラインが出ていてもティップに動きが伝わります。なかなかのスグレモノかも。

 だんだん、釣れる気がしてきたところで、オクちゃんに大物ヒット。慎重なやり取りでキャッチされたのは、なんとオバケ級のチカメキントキ。

3.jpg
 

 コノ魚、図鑑では最大40cmとありながら、このときキャッチしたのは54cmありました。ちなみに海峡レコードは57cmらしい。恐るべし、島根の海。

 インチクの針交換が間に合わず、思わずブリット85g投入。(新発売サイズ)フォーリングでサクッと私もチカメキントキゲット。

4.jpg


 フォーリングでバイトしたのがまるわかりの、このリアフック食い。

 さて、再び武器をインチクに戻し、今度は青物狙い。イロイロなタコベイトやフックを試す。お客さんの半分が船内で休憩(昼寝)しているスキに、船長のドテラ流し開始のサイン。船長もキャビンから出てきてインチク投入。

 そして、ヤッパリドテラ流しは強い。最初はミヨシでジグをシャクっていたお客さんにメジロヒット。数は薄いが、青物の気配アリ。

 次は船長のインチクに中層でメジロヒット。しかし、痛恨のハリ伸ばされでバラシ。ある程度のフックの強度はいるようです。そして再び船長のインチクにバイトがあるが今度も5秒でバラシ。

 ”アー、なんでやねん。”の船長の声。

 で、次は私のインチクに中層でバイト。水深70mのドテラで100m以上ラインが出ている。スイープにフッキングし、ファイト開始。PE3号なら秒殺なのだが、このときはPE1号の細仕掛け。無理は出来ません。絶対にとるつもりで、今年一番の”超”慎重ファイト。ラインを出されてはリフトアップで、結局ランディングまでに20分ぐらいかかりました。(スミマセン)

 キャッチしたのはこのメジロ。

5.jpg


 ご馳走さまです。

 コツをつかめたところで、タイムアップ。リベンジを誘う絶妙のタイミングでのストップフィッシング。

 インチク、かなり面白いです。

 この日は準備したインチクの資材(パーツ類)が少なく、存分なテストが出来ませんでしたが、大体必要なモノはわかったので、次回は爆ります。乞うご期待。炎炎炎