明石ジギングに行って参りました。今回のメンバーは、いつも私をいじめる(?)Muramura殿とその後輩マチューイ殿、そしてサンテレビ・四季の釣りやイベントの司会でおなじみの伊丹さん。エルモジギング部隊の岩瀬船長の午後便で出撃。潮があまりよくなかったので、運がよければばメジロという船長の読み。天気さえもってくれればと願いながら、西のポイントへ船首を向ける。

1.jpg


 ポイントへ向かう道中でジギング談義。まあとにかく楽しくやりましょうということで、釣果はあまり期待出来ないが一応タックルの準備を万全に。

2.jpg


 この時点ではこの日が、どえらい釣果になることはまだ気づいていません。

 そしてこの写真の中に、羊の皮をかぶった狼がいることも…

 そしてポイント到着。

 最初は半信半疑ながら、ジギングを開始。開始からすぐにミヨシでシャクっていた人にメジロがヒット。そして無事取り込み成功。

 エ、頑張ったら釣れるんやびっくりはてな

 ということで一同ジャークに気合が入る。

 すぐに、伊丹さんの隣の人にもヒット。しかしこれはネットイン直前でラインブレーク。どうやらハマチタックルだった模様。ラインを太くしていればと、非常に残念がっておられました。

 で、次にヒットしたのが伊丹さん。ロッドがバットからブチ曲がるびっくりそのロッドってそんなに柔らかかったはてないえいえ、大物ですびっくり

3.jpg


 やがて、浮いてきた巨体に皆さんビックリ。ブリです。そして無事ランディング。オメデトウ御座いますびっくり

4.jpg


 80cmオーバー・6キロオーバーの立派なブリ。伊丹さん、番組では初心者の立場での解説なのでいつも謙遜の態度を見せておられますが、ところがどっこいびっくりヒットジグはMuramura殿プロデュースのレヴィン150g。

 で、お次にヒットはそのMuramura殿。巨魚経験値高しのMuramura殿、さすがに余裕のやり取り。そしてランディング。

5.jpg


 今度はさらに一回り大きい85cm・6.5キロのブリびっくりオメデトウゴザイマス。盆と正月とゴールデンウゥークと誕生日が一緒に来ましたね(失礼)困ったMuramura殿の男前なところを初めて見たような(さらに失礼)すいません

 で、ここでぢょにぃ、ブリと波長が合わないと見るや、すかさず鯛カブラ投入。皆さん必死のブリ・シャクリの中、黒帯チェリーで黒帯の技を繰り出す。ジグ8本が海中に漂う中、カブラは1匹。当然マダイがいればカブラに食いつきます。

6.jpg


 このあともう一枚追加で、1人でマダイを2連発。恐れ入りましたと船長にお褒めの言葉をいただきました。いえいえ必死の面目躍如です走る

 暗くなったので、船長の”ジギング、ラストにします”の声。

 最後の最後、隣で、マダイ狙いでスローにシャクッていた伊丹さんのジグに、得体の知れない大物がヒット。再び船内盛り上がる。

7.jpg


 ブリ以上の突っ込みを見せながら、ロングファイトで上がってきたのは、アズキ色の背中。エ、まさかのカンパチびっくりそしてランディング成功びっくり

8.jpg


 羊の皮をかぶった狼という言葉がありますが、まさにがそうです。ブリを仕留めた上に、明石では珍しいカンパチをゲットするとは…しかも大きい。

 さわやか笑顔の下の狩猟本能びっくり恐れ入りましたびっくり

 このあと、ジギングを終了して、おまけのアオリイカ狙い。

 15号から20号の中オモリをつけてのエギング。エギング命のぢょにぃとしては負けてはいられません。

 しかし・・・ファーストヒットは伊丹さん。なんではてなもう勘弁してください。困った

 シーズン終盤の、アオリイカの薄い中、皆さん必死にアタリをとる。ミヨシで1杯あがったあと、私の方にもやっとこさヒット。何とかキロアップで汚名挽回。

 
9.jpg


 リールシャクリでエギをキビキビ動かしたあと、シンカーをボトムにつけての完全ステイできました。ウーン、活性が渋すぎる・・・

 ここでタイムアップ。港へ帰る。お疲れ様でした。

 潮の良くない中、スーパー上出来の釣果。楽しかったです。明石でこんなサイズを見られるなんて…

 またこのメンバーで行きたいですね。でも伊丹さん、今度は手加減してねハート