ワープソーンでの釣果、ハマチを取りに来ていただいた鬼夫婦。わざわざお越しいただきありがとうございました。で、ついでに前日にダディ殿がキャッチした3,900gのモンスターアオリ、拝見させていただきました。スゲー笑い

6.jpg

足&ヘッドレスでこのデカさ!驚愕!


7.jpg

It's マンホール!風雲たけし城の竜神池で使えるぜ!(ネタが古い)


 このあとスグにカメラのTセンセを呼び、2人で和歌山へ。(←バカ)

 夕方、モンスターのヒットタイムの30分前にポイント到着。エギング開始。2投目にグンとアタリがあったが即ばらし。重量感からそこそこのサイズだったに違いない。アワセの前のタメを与える余裕がありませんでした。アセリスギ&反省。このあとは横風がひどくなり、エギが表層自走状態。困った
このポイントをあきらめ、串本の鉄板ポイントへ。ココは風裏で楽々エギを操ることが出来る。到着してTセンセが2連発。私もすぐにゲット。しかしサイズが…

 サイズも出ないし、連発もしないので再び39ポイントへ。真夜中の爆風の中、信じて信じて投げ続けます。同じ場所でキャストすること3時間。やっとアタリが!一呼吸おいてフルパワーフッキング!でたか!?モンスター?いえいえ世の中そんなに甘くありません。スンナリよってきたのは700gサイズ。想像上のサイズと現実の結果のギャップの激しさでここでダウン。根性を出して再び串本の鉄板ポイントへ。到着してすぐに私がゲット。小さい。キロにも届きません。夜が明けてきました。あまりにもの冷え込みに、腹を下しピッピ状態。ココで本当に撤収。

 好調の南紀で何というしょぼい釣果…ダディの神通力のスゴさを痛感した釣行でした。(余裕の無さにデジカメ写真一切無し。あとでビックリ。)