カブラでマダイ!ロングジグでブリ!タチウオ入れ食い!そんな近海豪華詰め合わせセットを夢見てシーマジカルで出撃びっくり

 午前9時に出港、一路南へ。最初はカブラ。もうすぐ発売される予定のシークベイト・黒帯チェリーで爆撃開始。水温はかなり低いので、半信半疑ながらのカブラ・フィッシング。安井船長が”今の時期はゆっくりリトリーブ”とおっしゃったので、いつもよりゆっくり目、ギア2速ぐらいで探る。魚探には宙層までポツポツと反応が出ている。ボトム5mぐらいを重点的に探ると、待ってました、久しぶりのタイアタリ!必殺・周波数同調フッキング(謎)で無事フックアップ!しかし小さい…

01.jpg
嗚呼、鯛めしサイズ。小さいながらも、色が綺麗ドキドキ小


 このあとK総長にも当たるが乗らず。どうしましたか?黒帯番長?このあとしばらくアタリが遠のくが、突然当たったのがH野さん。

02.jpg
分かりにくいですが、そこそこのサイズ。オメデトウ。


 ゴルフ三昧のオツカレで熟睡していたMウチさんが、この騒ぎで突然起き出し、カブラを投下。すかさず、タイゲット!やりますね!打率10割!(前日ゴルフ、次の日もゴルフとかおっしゃってましたね。)

 やがて潮が動き出しそうなので、ブリポイントへ移動。ココのおいしい潮は2ノット。潮が走り出した瞬間にブリが入ってくるそうです。期待しながら船を流してもらうが、この日は不発。残念ながらブリの回遊はアリマセンでした。

 ブリがダメならタチウオ!と言うことで水深70mのタチウオポイントへ。新兵器メガブリット115gで電撃ジャーク&ストップのデカタチメソッドで攻撃。ステイ中にコツっと当たるが乗らず。そんなことが2回ぐらいあったが乗る気配なし。何で?かろうじてフォーリングでMウチさんが1本取るがその他はあたりなし。し、渋!と、そのときかたくなに沈黙を守っていたK総長のロッドが舞い込む。な、なんですかそれは。期待して水面を覗き込むと良型のフグ

03.jpg
君はどこから来たの?お名前は?


 名前の分からないこのフグ、とりあえずうまそうなのでキープすることに。

 タチウオの反応が悪いので、私のタイ・プリーズコールに応じてポイント移動してくださいました。しかしココではガシラのみ。そんなこんなで日も傾きタイムアップ。港までの移動中、船長にタイカブラの傾向と対策をお聞きしました。ヒントになることがたくさん。ありがとうございました。

 さて総長のフグですが、同定が難しかったので結局召し上がらなかったそうです。ウン、それが無難、正解でしょう。あとで調べるとどうやら俗称”ナゴヤフグ”らしかったのですが、ナゴヤフグには和名ナシフグともう1種類含まれていて、毒性はよく分からないらしい。ナシフグは筋肉から弱毒が検出されたことがあり、基本的には販売禁止らしいが、地域によっては毒が無いことが確認され、厳しい調理管理の下、一部販売されているところもあるらしい。非常においしいフグであるが、当然内臓と皮には毒があり、素人調理は危険。皆さんもよく分からないサカナには気をつけましょう。