3月も残り少なくなってまいりました。月初締め切りなので(いつも遅れてスミマセン)そろそろSW誌の取材も済ませておきたいということでエギング釣行。今回はDr.デカイカ・タニもっちゃんに付き合ってもらう。出発前に相談。南紀か西へ行くか?西は遠いしなぁ。釣れてへんけど南紀かな?何とかなるやろ。ポイントようさんあるしな。キロアップひとつぐらい取れるやろ、ということで串本まで。でもホントに最近釣れてないらしい。私のところにはホゲリ情報しか入ってきてませんでした。(このチョイスがあとで裏目に…)

 午前1時に現地着。ウォーミングアップに串本大島橋手前のコンクリート岸壁。すでに何人かのエギングの方がシャクっている。早速ロケッティア3.5号スラップ・newカラー・モカエビをセットし、キャスト。07ステラ、独特のスーっていう音を発しながら気持ちよく飛びます。沖のマダイイケスギリギリ手前に着水。危うくイケスの中に入るところでした。07ステラ、ドラグ音も変わっています。宙層を探っていると、ビミョーなアタリ。シャクリ後スグにアタるところからアカイカかな、と思っていると、隣のヒトにヒット。ヤッパリ、アカイカ(ケンサキイカ)でした。そして手前足元まで探ると、私にもヒット!

01.jpg
フックTOフックの完璧なフッキング。逃れようがありません。推定・胴長3.5寸。


 エギヒットでポイントチェンジ。

 次は鉄板ポイント。夜明けまで頑張るも反応なし。唯一ゲットしたのはまたもや根がかりエギ。今日エギ2個目。

 次は有名になってしまったK野漁港。漁港中に入っているデカイカを狙う作戦。ロケッティアで向こう側の岸壁手前まで飛ばし、港内をくまなく探るもアタリなし。ウィードの生育も悪い。狙いをテトラ外向きに代える。ロケッティアしか届かない、私のイカ飼い付けピンスポットを狙うが横風がひどく、うまく届けられない。コレではダメだなと思っていると、エギングの方が続々とやってくる。今後の製品へのフィードバックのために、タックルや釣り方を観察させて頂く。(実はいつもチェックさせていただいてます。スミマセン。)

 一通り探ってイカがいないのを確認してから、ドライブ開始。ココまでほぼ読み通りの展開だ(嘘・半泣)。

 春イカ本番に備え、イロイロな場所をチェック&ラン。

02.jpg
水道ポイント。濁ってました。


 さて、夕方が近づき地磯・本気ポイントへ。キビナゴの大群が入っていて、イイ感じ。まだ日が高かったので遊びながらエギング。

03.jpg
ハゲングで遊ぶ。しかしアタリなし&エサそのまま。考え込むタニもっちゃん。


04.jpg
明るい間にタックル撮影。今回の道具です。


05.jpg
風が強かったが、ココは風裏。フォロー微風でやりやすかったが・・・


 タニもっちゃんが、突然エギを高速回収。と思いきやチビイカゲットでした。おっ、それは夕方ラッシュのハジマリのノロシか?と思ったが、続かず。

 ここで、不幸の電話が(嘘ですゴメンネ)。はるか西でシャクっていたWARA王子が3200gのモンスターを朝にゲットしたとのこと。しかも我々がまだシャクっている今現在、すでに家に帰って左ウチワ状態らしい。なにぃ~。西にいっときゃぁよかった。そして無意識にもロケッティアをWARA王ヒットカラーにチェンジしていたぢょにぃであった。

 あと25分、あと13分とヒットタイムへのカウントダウンを勝手に始める。そろそろやってまうで、出すで~、を連呼。(この日何回言ったかな?)

 で、ホンマに来てしまった。超お久しぶりのグィーングィーン。サイズはそうでもなかったですが嬉しい一杯。

06.jpg
スラップ3.5号・パープルツリーをガッツリ。


 本格ラッシュの始まりか?と思わせたが…何で?…続きません。辺りが真っ暗になるも、回遊の気配が全く無い。そのうち潮も止まってきたので、ココでストップフィッシング。最後の一発ポイントを前に、焼肉でエネルギーを充填。…のはずが、焼肉店、休み。今年早くも2回目の焼肉門前払い。食べられると思って食べられなかったときのショック、たまりませんね?もちろん号泣。

 このあとも、異常なく撤収。どうもお疲れ様でした。

 って取材は?やり直しかもね。スミマセンTセンセ。猛省。