岳洋社SW誌のカラーページ取材。今回は外資系の部長でエロマスターで小イカ好きのヤスノフ殿と南紀へGO。日曜午後に現場到着のマッタリ系でランガン。

 詳しくは10月発売の本誌をっということで、スナップショットだけ紹介。


01.jpg

基本はこのサイズ。居る所にはワンサカと。あっ、分かるヒトにはこの岩質で大体の場所が・・・




02.jpg

で、たまにはこのぐらいの500g級サイズもエギに寄って来ます。サイトで狙うとまた楽し♪



03.jpg

高台からロケッティアで超ロングキャスト。そしてエリアに居るイカをダートで足元まで寄せて、サイズを選んでエギを抱かせる。なかなか良い作戦だと思いません?



05.jpg

夕方になるとだんだんサイズアップ。メッキ&カマスを狙うヒマがありません。




06.jpg

夕食後、さあ帰ろうと高速のICまで戻るが渋滞している模様。渋滞が緩和するまで春シーズンにはヤエン師に独占される某小波止で時間を潰していると・・・やはりここはでかいの居ますね。



 そんなわけで、数はもちろん、意外とサイズがよかった取材釣行でした。