明石のボス(と私が勝手に思っている)、東田丸にお世話になってきました!
5月に入って水温が上がりだし、いよいよ鯛を狙って釣れる時期がやってまいりました。
先日デビューした桜舞TGの実力はいかほどに?
気合を入れてがんばります。

01

ボトムからのスローリトリーブで、ボトムから5m以内でアタリが出るというイメージで、カーリーネクタイのセッティング。

02

朝5時50分に出港。この日は晴れて、素晴らしい天気でした。
潮流予報によると、午前10時ごろに転流があり、それまでは大阪湾から瀬戸内にむかう西流。
水温上昇中の今の時期は、大阪湾の海水のほうが温度が高いので、西流のほうが食いが良いようです。
そこまでが勝負と考えて、集中してのぞみます。

ファーストヒットはわたしの左の方。
サイズは小さいですが、東田丸オリジナルカブラでのヒットです。
スローリトリーブではなく、すこし早めのリトリーブのようですが、わたしは良型を意識してボトムを丹念にスローリトリーブで狙います。

すると次にわたしに来ました。
ガツッとあたりがあってから、スグに反転する本アタリ。
ドラグを滑らせながらスイープフッキングで、完璧に確保。
キャッチできたのは、40cmちょっとの本命サイズ。

03

桜舞TG60gにオレンジのカーリーネクタイのセッティングでした。
やはり、水温が上がりきる前はカーリー強し!

そのあとすぐに、同行のMさんにもアタリ。
同じく桜舞TG60g、オレンジのストレートネクタイで製品パッケージから出した状態のノーマルセッティングです。

04

そのあとは、私たち二人を中心にコツコツとあたりがあり、追加をしていきます。

05

カブラは最初のヒットとほぼ同じ。
ボトムにかかって、ポイントがナマったと思ったらすぐにフックを交換していきます。

そのうち予想より早めの9時前に潮が止まり、ジアイが終了します。
やはり潮が流れているほうが、鯛カブラに向いているようで、止まると全くアタリもありません。

期待薄ながら、潮が反転してからも粘ってみますが、アタリの少ないこと・・・

06

最後にMさんの2枚目、しかも40cmクラスの食べごろサイズをキャッチしてご満悦。
初めての鯛カブラオンリー釣行に満足していただけました。

船中9枚でしたが、私たち二人で5枚。

08

しかも大きいサイズから全部独占させていただきました。
シーバスはジアイが終わったときに、飛天ジグ・ブリット85gでヒットしたものです。
時々イワシらしきベイトが見えていて、サカナの気配もあるので、これからが楽しみです。

07

この日活躍した桜舞TG、お疲れ様でした!

私たち二人以外は船長オリジナルのカブラ。
見せていただきましたが、東田丸カブラもシンプルながら理にかなった作りをしています。さすがです!

この日釣果に差が出たのは、リトリーブスピードかもしれません。
私たち二人はボトムから5m以内を丹念にデッドスローリトリーブで狙いました。

釣果の差の原因、カブラの差なのか、スピードの差なのか?それとも他の要素?

答えを求めるべく、これからも精力的に鯛を狙ってヒットパターンを紹介していきたいと思います!!