鯛ラバの大会が行われるということで、お邪魔してまいりました。

今年でもう3回目の大会だそうで、盛り上がりを感じます。
定員60名の予定でしたが、申し込み数が多いので定員を増やしたところ最終的には79名までになったそうです。
あいにく朝から雨模様でしたが、日が上がると雨もやみ、晴れ空が広がって絶好の鯛ラバ日和になりました。

総数11艇、私は急遽追加で応援で船を出してくださった宮地艇に乗せていただきます。
今回、私は大会には参加しませんが、しまなみの海を体験させていただきます。

最初のポイントは狭い海峡へと潮が流れ込むところの瀬。
少し根が荒いところもあるものの、いいポイントです。

ほどなくして、いろいろカラーチェンジをしていた私にアタリ。
ボトム周辺をスローリトリーブで探っていたところでした。

01

メタリックレッドのヘッドにストライプレッドのカーリーで、フックはステルス早掛のレギュラーの組み合わせ。
アタリがあってからハンドル2回転でフッキングでした。

しかし、同船の方もキャッチしておりましたが、なかなかサイズが出ません。

そのうち潮変わりとなり、朝のジアイが終了。
次にアタリが出始めたのはお昼前、潮が変わってまた流れ始めたときでした。

02

桜舞TGを使って、キャッチしていただいております!よく釣れます!

03

連続ヒットの瞬間もあり、船上は大忙し。
しまなみの海、マダイの魚影は濃いです。

04

船長も大忙しで船の上を走り回ります。

05

マダイと同じくらいよく釣れたのが、コノ魚、アコウ(キジハタ)。
根魚が豊富ということは、この海域の豊かさを現していると思います。

ラスト2時間に差し掛かったころに、好ポイントを発見。
一流しごとに1~2枚キャッチで、順調に数を追加していき、サイズもアップしていきます。
大会参加の方も、上位を狙える感じ。結果が楽しみです。

06

タイムアップとなり、港で魚の選別。大漁ですね!

結果はコチラで!
2012第3回 鯛ラバ トーナメント “しまなみカップ” by 秀丸

なんと56名の方々がウェイイン!すごい大会ですよね!

07

上位5名の方はお立ち台。おめでとうございます!
同じ船の方が4位。最初はサイズが出ずに苦しんでおられましたが、やっぱり集中力。
あきらめずに巻き続けた結果だと思います。あと、船長の的確なポイント選択と操船がこの結果につながりました。

08

上位の方のマダイ。さすがに良型が揃っています!

ということで、無事閉幕。関係者の方々、参加された選手の方、そして11艇の船頭さん、皆様お疲れさまでした。
私は、普段と違う海域で、水中のイメージができずに最初は戸惑うことがありましたが、やっぱり基本は同じ。
潮の透明度、魚の付き方、潮流といろいろ読んでの攻略は楽しかったです。
朝、光量の少ない時は赤もしくはオレンジのカーリーネクタイでスローリトリーブ。日が上がって活性が上向いたらオレンジのストレートネクタイのミディアムリトリーブで、少し上の層まで探ると反応が良かったです。

また、機会があれば尋ねてみたいと思います!