数年ぶりになりますが、泉南のジギング・鯛カブラ船、火遠理丸さんにお世話になってきました!
前回はいつだったかなぁ・・・思い出せませんが、チャーマス氏を迎えての鯛ラバ取材だったと思います。

01
高速引き対応のオレンジストレートネクタイと、ボトムスロー用のストライプレッド・カーリーのセッティング。
ベイト玉チェック用にブリット85gもセットしています。

最初は流速最高のタイミング、デカアジ狙いにグッドなので、お土産狙いで深い水深の場所でサビキを落とし込みます。
最初のヒットはK総長。しかし口切れでばらし・・・
その次もK総長にヒットし、無事に取り込みます
同行のO氏は何故かデカサバをキャッチ。
しかし思ったようにアタリが出ません。
やっとこさで私にもヒットしましたが、なぜかマルアジ・・・平たいのを釣りたかったです

そして流速も丁度よくなってきたので、鯛ラバポイントに移動。
桜舞TGを使っていただき、実力のほどを評価していただきます。

この日は何故か、20cm前後のチャリコサイズが多いらしく、アタリは猛烈にあるもののなかなかフックアップしません・・・

そんななか、O氏がガツンとフックアップ!
上がってきたのは、ハマチでした・・・
そのあともガッツリ食うのはハマチばかりで本命が遊んでくれません

昼の潮変わりを過ぎても、なかなかキャッチできず。
渾身の集中力でのぞみます。

サイズが小さいのであれば、こうしてやるっ
ネクタイをショートタイプのストレートに変え、フックを刺さりのよいステルス早掛けに変更。
ついばんでくるチャリコを全部掛けるイメージです。

02
やっとこさの思いでキャッチできたのが、このサイズ・・・いえいえフックアップしてくれただけで感謝です

そのあとも同じ要領でK総長もキャッチ。
アタリはたくさんあるのですが、なかなか掛からないというゲーム。
これはこれで楽しいかもしれません

03
やっとマシなサイズをキャッチできましたが、ジアイがそろそろ終了、タイムアップとなりました。

アタリが多かったのはボトムから水深の半分程度までの範囲。
水温は十分に高く、タイのコンディションは良いのですが、レギュラーサイズがまだ少なかったです。

04
苦労してこれだけの釣果。
う~ん、ちょっと渋かったです

潮は動いているのに魚の活性が謎に低いなか、こまめに操船していただいた火遠理丸船長のおかげでございます

これから梅雨があけて晴れ空が多くなると、いよいよ本番に突入するとのこと。
そのころを狙ってまた出撃いたします